教修会 | トゥルース教

教修会

教修会は本教の宗教理念・心身一如の救い、及び陰陽霊器の的確 な理論と実技の指導を行い、救命天使として広く普及指導にあたる教導師を養成することを目的としています。本教の教えを朝・夕のお参り、または講話を通し て学んでいただき、さらに苦しんでおられる人を救済していくための尊い手だてとして、陰陽霊法の指導を行っております。

教修会には性別、 年令にかかわりなく参加していただいています。日頃の多忙な生活から少し離れ、自分自身をしっかりと見直す機会となり、また教修会 でご縁のある他の教修生の方々とさまざまな話を共有し、理解し合うことでお互いの絆が深まっていきます。「お互いを思いやる心を育み、助け合っていく中で 自分自身の価値を見いだす姿勢が自然と生まれてくる」と、教修会を通して多くの受講生がそのような体験をされています。

教修期間

第1回    5月4日~8日(5日間)

第2回    8月4日~8日(5日間)

第3回  10月4日~8日(5日間)

第4回   2月3日~8日(6日間)

い ずれも午前11時より開講式。どの月の教修会からでも受講可能です。各回とも内容が異なりますので、第1回~4回を受講していただくことが望ましいので すが、同じ回を重複して受講していただくことも可能です。合計4回を受講すれば教修会修了となり、修了者には修了証書が授与されます。

受講資格

陰陽レイキ1型・2型の拝受者であり、甲種教友(もしくは4回修了までに甲種教友となるもの)であること。年令、性別を問わず、学習や団体生活等の可能な方。

申込方法

教 修会受講を希望される方は、まず下記のPDFファイル「教修会受講要項」をご覧ください。受講資格にもあるように、トゥルース教に入信されてない方 (NP1型・2型の陰陽レイキ拝受されてない方)は年会費および陰陽レイキ を受けていただかなければ受講はできません。お申込み、またお問い合わせは受講要項に記載されている電話番号またはメールアドレスにてご連絡ください。

◎教修会受講要項はここをクリックしてください。

教修会の主な行事

お救い実技

教会長の指導のもとに、お救い実技が行われる。各教会長が一人一人の教修生にお救いの基本を指導する。

日 祭

朝祭・夕祭を初めさまざまな祭典に参加していただき、総祖宇宙大霊之尊を仰ぎ奉り、感謝の祈りを捧げていただきます。

鎮 魂

教修会の一日は朝の鎮魂から始まります。雑念をふりはらい、大自然と一体となることによって、自分自身の価値を見いだす行であります。

法 座

法座は教祖様の御教えを学ぶ場であります。日々の生活での悩みの現状を、信仰を通して救われていく体験を互いに語ることで、信仰を深めていきます。

宗教講義

本教の宗教理念、歴史、教導師となる上での心得や在り方を中心に、講義を展開していきます。

医学講座

二代目教主、奥原通弘先生より、陰陽霊法を行う上での基本的な医学知識をお教えします。